banner

約款について

会社設立に際する約款について


新しく会社設立する場合は、必ず作成しなければならない書類がいくつかあります。例えば、新しい会社の登記や税を納める場合の書類などがこれにあたります。そうした中でも、約款の作成も必ずしなければならない作業の一つと言えます。約款とは、会社で言うところの憲法のようなもので、この中には設立する会社の基本的かつ重要な事項が記載されています。

例えば会社の商号やその会社を設立した目的、会社の所在地などがこうした事項に挙げられます。こうした基本的な事項とは別に会社の運営や管理方法など会社が進むべき方向を示しているのもこの特徴といえます。また、この中には絶対に記載をしないといけない事項や任意で記載しておく事項など様々な事項を記入しておかなければなりません。

会社設立の際には、会社設立にかんするいろいろな事項をしなければなりません。例えば従業員の募集や顧客に対するPRなど、約款の作成以外にも多くのことをしなければなりません。そのため、会社設立した経営者にとって、これだけの作業をすべて数少ない社員でこなすのは非常に困難といえます。

また、会社設立後の社員では、その会社のことや顧客のことは当然ですが、それに関する法律なども詳しくないケースが多くあると言われています。そのため、こうした経営者や社員だけですべての作業をこなすのは大変困難といえます。また、会社外部に対する作業も会社設立後は行わなければなりません。例えば、顧客企業へのあいさつ回りや銀行など金融機関への訪問などです。

また、サービス業であれば駅前やショッピングモールなどでチラシを配るなどして多くの人に会社を認知してもらう活動もしなければなりません。会社設立後はお金に余裕がないことから、こうした作業を外部委託することも難しいと思われます。そのため、こうしたPR作業などは会社の従業員で行う必要があります。一方で、約款などの作成については、会社の憲法的な存在であることから、些細なミスも許されません。そのため、こうした書類の作成は法律のプロに任せることが賢明と思われます。こうしたサービスを行う司法書士や弁護士など、法律のプロがあることから、インターネットでこうした司法書士や弁護士を検索することが最初の一歩といえます。依頼した際にお金は必要になりますが、そうすることで経営者は安心して業務に専念でき、新しい会社を軌道に乗せることができるため、積極的に法律のプロを活用することが求められます。

Copyright(c) 2014 会社設立に必要な予算ってでれぐらいなのか知ってくださいAll Rights Reserved.