banner

料金について

会社設立に必要とされる料金について

現代社会は何をするのにもお金が必要です。
会社経営の第一歩である会社設立の手続きにも当然のごとくいくらかの資金が必要です。会社を立ち上げるのに大金が必要ではなくなったとはいえ、納めなくてはならない金額はまだそれなりに存在しているのです。

会社設立するための手続きを法人登記と呼んだりしますが、その手続きをするためにも相応の印紙代が必要になることが知られています。

まず法人設立をしようと思った場合、最低限かかってくる費用というものがあります。それは登記費用と呼ばれる費用のことで、避けることが出来ないものに分類されます。

この法人登記というのは会社設立をしようと考えている地域を管轄する法務局に届出をすることを必要とします。その際に必要になるものには様々な費用がかけられているのが一般的です。

例えば会社設立をする目的をまとめた定款は、作成するのに料金を必要としませんが、株式会社を設立する場合には公証役場で承認を得る必要があります。
この承認には料金がかかりますので相応の収入印紙を購入しなくてはなりません。

もしも合同会社などの場合には公証役場での手続きが必要なくなる場合もありますのでよく確認する必要があります。

この費用はかなり高いものであるため株式会社の設立は合同会社の設立の場合に比べて割高での設立となります。もしも安く済ませたいのであれば定款を電子媒体で作成するのも一つの手段です。

そうすることで収入印紙が必要なくなりますので安く済ませることが出来ます。しかし定款を電子媒体で作成するにはそれなりの経験や設備が必要になります。そのため専門の業者に委託するのが最も簡単に安く作ることが出来る方法であるということが出来ます。

会社設立に必要なものは他にもあります。法務局には印鑑証明を提出しなければならないのですが、その印鑑証明のための印鑑というのは会社設立時に改めて作成するのが一般的です。その印鑑を作成するのにも一定の料金が必要となります。

この印鑑は代表印と呼ばれ、印鑑証明用のサイズで作成されます。
そこには法人名が記載され、各種決済や契約をする時に用いられる会社の印鑑になります。ある程度の文房具屋であれば会社設立時の印鑑三点セットとしてオーダーメイドで作成することが出来るようになっています。

この印鑑は安いもので済ませることも出来ますが、しっかりとしたものを作るのであれば数万円は必要になるのが一般的です。

Copyright(c) 2014 会社設立に必要な予算ってでれぐらいなのか知ってくださいAll Rights Reserved.