banner

住民票の必要性

会社設立に住民票は必要ない

会社設立に関しては住民票は必要ありません。そもそも、住民票というのは運営者の個人的な住所を記すものでありますので、これを証明書として表示することはかなりのリスクが伴います。
会社設立に関しても会社を運営する者のプライバシーや人権などにはかなりの注意が払われており、これは法律上も当然保障されています。

そして、これはインターネットでビジネスを行うときであっても一緒なのです。
例えば、インターネット上でビジネスをするために会社設立をすることを考える場合、商品やサービスを提供するサイトにはサービスを提供している運営者の情報を必ずサイトの内部に表示しておかなくてはいけないようになっています。

これは法律によって決められていることですので必ず守らなくてはいけません。
しかし、実際に表示する住所は運営者と連絡が取れる事務所の連絡先などで良くなっており、当然ですが運営者本人の自宅の連絡先などは明記しなくても良いのです。

会社設立によって経営をやっていくことと、自身がプライベートで生活をやっていく空間というのはまったく異なっているものですので、これを一緒にして自身の住居に関する証明書を提出しなくてはいけなかったり、またはそれを明記しなくてはいけなかったりするような法律は現在国内には存在しません。

ですので、安心して会社設立ができるようになっています。
では、具体的にどのような方法によって自身の身分を証明するのでしょうか。
実は、印鑑証明書という別の書類を用意することによって自身の身分を証明することができるようになります。

印鑑証明書に関しては一つだけ注意点があって、自身が住居登録をしている所在地の自治体からその証明書をもらわなくてはいけません。

住所が仕事場と遠く離れているような場合には、自治体が提供しているサイトなどから申請書をダウンロードし、その申請書を郵送によって届けなくてはいけないなどと言った少し手間のかかる作業を行わなくてはいけないわけです。

印鑑証明書を提出すれば無事に会社設立を実現できるのですが、住所登録の地が離れている場合にはその証明書の発行に一定の時間がかかってしまうということをきちんと知っておかなくてはいけません。

会社設立に関する書類は色々とありますので、印鑑証明書が届く間に他の書類を用意しておく必要が賢明だと言えます。

このように、会社設立には住民票は必要ありませんので必要なものだけを用意して申請をしなくてはいけません。

Copyright(c) 2014 会社設立に必要な予算ってでれぐらいなのか知ってくださいAll Rights Reserved.